シャネルは、ココ・シャネルがフランスで創設したファッションブランド。女性の独立を目指した「古い価値観にとらわれない女性像」が、当初からのブランドポリシー。働く女性のためのジャージ素材、ツイード素材のスーツを手がけ、当時封建的であったファッション業界の歴史を次々と刷新。ココ・シャネルがパリのカンボン通り21番地に1910年、シャネル・モードという帽子専門店を開店したのがそもそもの始まり。1913年にはリゾート地ドーヴィルに第1号のモードブティック、続いて1915年、ビアリッツにメゾン・ド・クチュールを開店して、ココシャネルはオートクチュールのデザイナーとして本格的にデビューを果たす。1916年に第1回シャネル・オートクチュール・コレクションを発表。安くシンプルで着心地がよく、無駄のない、ジャージ素材を取り入れたドレスが評判となる。1921年、本店をカンボン通り31番地に移転すると調香師のエルネスト・ボーにより、シャネル初の香水「No.5」を5月5日に発売した。アルデヒト等を調合しているのが話題となったが、No.5の名前は試作品番号から取られた。しかし、第2次世界大戦後の閉鎖を経て1954年になって閉鎖店舗が復活しカンボン通りの店を再開するとオートクチュール・コレクションも復活させた。ココ・シャネルは1970年、香水No.19を発表するが、翌1971年、居住していたホテル・リッツにおいて亡くなる。その後、カール・ラガーフェルドがデザイナーに就任しココのスタイルを守りながら新しいシャネルを提案し、現在まで総合ファションブランドとして牽引。誰をも知る世界のシャネルとしてますます発展、支持されることになる。Click jump Rakuten

item_12.jpg

Click jump Rakuten