シャネルの調香師、ジャック ポルジュによって2001年に発表されたココ マドモアゼルは、1984年に発表された、同じくジャック ポルジュによって調香されたココの系譜を次ぐ香水です。ココマドモアゼルとは、まさしくココ・シャネル、その人自身であり、香水ココに次いでシャネル本人を意識して作られている以上、ブランドの総力を結集して作られた作品と言えます。その甲斐あってココ マドモアゼルは、2002年にFIFI賞を受賞しています。ココよりも少しライトなこの香水は、花びらのような軽さを持つ、フレッシュでオリエンタルな香りをベースにセンシュアルでありながら、軽やかでフレッシュな、洗練された大人の香りに仕上がっています。トップは、フレッシュな柑橘系の香りのオレンジ、ベルガモットでミドルには、ローズ、オリエンタルジャスミンを使いラストでは、パチョリ、ベチバー、バニラ、ホワイトムスクといった、甘くてセクシーな香りへと変化させているのが特徴です。上品だけど奥深い香りで、カジュアルでもフォーマルでも気軽に使える所が、多くの女性から支持を集めています。Click Jump Rakuten