シャネルのアリュールは1996年に発売してから、世界的なベストセラーとなりました。調香師はジャック・ポルジュで、ココシャネルの理想の香りを強く意識し、つける人、香る人によってイメージが異なるように調香されているのが特徴です。アリュールとは、「ひとりひとりの魅力」という意味でココシャネルが掲げる「女性の独立」というコンセプトを見事に受け継いでいます。フレグランスとしては、まずはシトロン、そしてシチリア産マンダリン、それからローズドゥメ&ジャスミン、その上にマグノリア&スイカズラ&スイレン、あとハイチ産ヴェチヴァー、最後にレユニオン産バニラといった贅沢な6つのフローラルの絶妙の調香により、上品でハイセンスな現代風の香りに仕上げられています。普通のフレグランスは「トップ(付けたての香り)」「ミドル(付けてから2時間程度までの香り)」「ラスト(2時間以上たった後の香り)」と香りを位置づけることができます。しかし、このアリュールは、6つの香りを巧みに調香することによって、シンクロノートといって付ける人や時間によって香りが、様々に変化するよう、ジャック・ポルジュが、画期的な香水にデザインしています。このシンクロノートは、その人が好きな香りを、その人がよくかぎ分けられ、幾重にも重なった香りの中で、その人を魅了してしまうことに成功したと言えます。だから、ジャスミンやスイレンなどの花々の香りを中心に好感を持っているファンもいれば、バニラやヴェチヴァーの甘い香りが、とってもよいと感じる人もいます。ベストセラーになったのにも理由があり、人によってそれぞれ違った感性の中で、その人独自の心地よい香りを感じさせることから、多くの人から絶大な支持を得ることができたと言えるでしょう。